【国際】バナナの繊維を使った「バナナデニム」発売 廃棄量年間10億トンとも言われるバナナの木を「もったいない」と活用

【国際】バナナの繊維を使った「バナナデニム」発売 廃棄量年間10億トンとも言われるバナナの木を「もったいない」と活用

【国際】バナナの繊維を使った「バナナデニム」発売 廃棄量年間10億トンとも言われるバナナの木を「もったいない」と活用

地球環境を考える。

1 ブギー ★ :2021/09/14(火) 18:50:57.28

国産デニムの発祥地である岡山・児島のジーンズメーカー・株式会社ジャパンブルーは、バナナの茎部を再利用した<バナナデニム>コレクションの新製品を、カジュアルブランド「JAPAN BLUE JEANS」より、2021年9月18日(土)より発売します。

■バナナでデニム?!旅先の”もったいない”から始まった

バナナデニムは、JAPAN BLUE JEANS ディレクターの岸本氏が2018年にタイに訪れた際、友人から「バナナの木は一度収穫を終えたらお役御免で、大量に廃棄されてしまう」という問題を聞いたことから始まりました。

バナナ農家は、”実が生り終わったただの木”を毎年伐採、焼却し、次の収穫のためにまた一から木を育てることを繰り返しています。バナナの木の廃棄量は年間10億トン以上ともいわれ、経済成長著しいタイでは焼却によるCO2発生で地球温暖化への加速や、放置による土壌汚染など、バナナの木の廃棄処理問題が大きな課題となっていました。

帰国後、岸本氏が感じた”もったいない”という気持ちを取引のある日本の紡績工場に相談し「大量廃棄するバナナの茎の繊維を使ったデニムを作る」取り組みが始まりました。

バナナデニムコレクションは、2020年より展開されており、今回新たに「イージーテーラードジャケット」「イージースラックス」「エコバック」の3アイテムが加わり、JAPAN BLUE JEANS 直営店と公式オンラインショップで販売されます。

続きはソース元にて
https://www.thaich.net/news/20210914bn.htm

続きを読む

続きを見る

令和の社会・ニュース通信所カテゴリの最新記事