Warning: file_get_contents(https://cdn-business.nikkei.com/atcl/report/15/226265/042000252/p3.jpg?__scale=w:576,h:324&_sh=0f204c0440): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/omocyanocya/iciokusoukatuyaku.com/public_html/wp-includes/class-wp-image-editor-imagick.php on line 154

Warning: file_get_contents(https://cdn-business.nikkei.com/atcl/report/15/226265/042000252/p3.jpg?__scale=w:576,h:324&_sh=0f204c0440): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/omocyanocya/iciokusoukatuyaku.com/public_html/wp-includes/class-wp-image-editor-imagick.php on line 154

【宇宙世紀】月に原子力発電所を建設し火星を次の目標とする NASAがアイディア募集中

NO IMAGE

【宇宙世紀】月に原子力発電所を建設し火星を次の目標とする NASAがアイディア募集中

夢が実現する。

1 かわる ★ :2021/11/23(火) 19:54:24.77

米航空宇宙局(NASA)とアイダホ国立研究所(INL)は19日、月に原子力発電所を建設するアイデアを募集すると発表した。この原発は、恒久的に居住可能なステーション用の太陽に依存しないエネルギー源になる可能性がある。AP通信が報じた。
米国は、このような原発を2020年代末までに月に建設する方針で、アイデアを2022年2月19日まで募集する。
INLのプロジェクト責任者セバスチャン・コルビシエロ氏は、月面の信頼性のある強力なエネルギーは、人類による宇宙探査における重要な一歩になると強調した。
NASAによると、月に人間が安定して存在することでことが可能となる。原子炉の稼働を別の惑星の環境で再現することが可能となり、技術の発展にもつながる。
原子炉は地球でつくられ、その後、月に運ばれる見込み。システムには、ウランを燃料とする炉心、熱を電気に変換するシステム、加熱制御システム、分配システムが含まれ、原発の出力は10年間にわたって少なくとも40キロワットでなければならない。
原発は、人間の介入なしに自動的にオンとオフの切り替えができ、着陸モジュールからの操作が可能で、輸送に適応している必要がある。輸送条件として、原子炉は高さ4メートル、直径6メートルのシリンダーの規格に適合しなければならないという。
https://jp.sputniknews.com/20211121/9577992.html

【宇宙世紀】ベゾス氏「これから地球は保養地にする。宇宙に浮遊し回転する円筒は100万人が暮らし川や森、野生生物も存在する」 [かわる★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637319407/
【宇宙世紀】ベゾス氏「これから地球は保養地にする。宇宙に浮遊し回転する円筒は100万人が暮らし川や森、野生生物も存在する」★2 [かわる★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637324070/

続きを読む

続きを見る

令和の社会・ニュース通信所カテゴリの最新記事